伊勢原温泉 ニュー天野屋
伊勢原温泉 ニュー天野屋  
 泉質

  温泉法の温泉(メタ珪酸)
 
 
 
 住所

  神奈川県伊勢原市西富岡
1067
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 大山山麓の温泉と言えば七沢温泉が有名ですが、少し南の伊勢原にも高いpH、スベスベした肌触りが特徴的ないくつかの温泉が存在しています。5月の初旬、日帰り入浴も広く受け付けている伊勢原温泉ニュー天野屋を訪問してみました。畑や緑も多いのどかな住宅地の真ん中という立地。昭和61年に建て替えたという5階建ての本館は、さすがにやや年季が入った感じではありますが、中はまずまず綺麗に保たれています。創業は昭和32年という老舗の旅館ですが、立ち寄り客に対しても応対が丁寧で気持ちよく利用させてもらいました。
 
 浴室は本館地下にあり、男女別に内湯があります。露天風呂はありません。浴室は大浴場と言うだけあって広いつくり。壁にはタイルでカラフルな模様が描かれています。2面は大きなガラス窓になっていて、地階ではありますが外光が差し込み明るい雰囲気です。窓の外は植え込みのある小さなスペースで眺望はありません。タイル張りの浴槽は広くて開放感があります。
 
 
 
 お湯は無色透明で強いスベスベ感があります。ほぼ無臭。pH10.1の高アルカリ性の鉱泉で、メタ珪酸の項目で温泉法の温泉に該当。適度な温度に加温されていてよく温まります。
 
 浴槽内は循環ろ過のようですが加水や塩素消毒は行っておらずお湯のコンディションはとても良好です。
 
 
 
 
 日曜日の昼時で入浴客は常に2,3人といったところ。広い湯船をほぼ独占してのんびり過ごすことが出来ました。七沢と似た泉質の温泉ですが、比較的空いていてかつ湯遣いも良く穴場的な温泉と言ってもいいと思います。
 
 
 源泉名  伊勢原温泉 天野屋1号
 神奈川県伊勢原市上粕屋一之郷
2568-3
 泉質  温泉法の温泉に該当する(メタ珪酸の項目で該当)
 分析日(湧出地)  H17.2.14  分析日(分析地)  H17.3.15
 泉温(湧出地)  20.3℃(浴槽−℃)  湧出量  48L/min(動力揚湯)
  pH(湧出地)  10.1  pH(分析地)  10.07
 密度  0.9986 g/cm3(18.5℃)  成分  0.232 g/kg
 陽イオン  Li+
 Na+
 K+
 Mg2+
 Ca2+
 Sr2+
 Fe2+
 Al3+
 Mn2+
 Zn2+
 NH4+
 0.00 mg
 60.9 mg
 0.17 mg
 0.00 mg
 0.10 mg
 0.00 mg
 0.39 mg
 0.21 mg
 0.00 mg
 0.19 mg
 0.00 mg
 陰イオン  OH-
 F-
 Cl-
 SO42-
 HCO3-
 CO32-
 NO3-
 2.14 mg
 0.45 mg
 23.3mg
 42.0 mg
 18.7 mg
 17.9 mg
 0.00 mg
 非解離成分  H2SiO3
 HBO2
 60.1 mg
 4.40 mg
 溶存ガス成分  CO2  0.00 mg
 
 備考
 
 シャンプー・コンディショナー・ボディーソープ・ドライヤー有り
 貴重品ロッカー有り(無料)
 
 
  >地図 【yahoo! Mapへ移動】
 
  >旅の道標 BLOG 【ご指摘コメント等が御座いましたらお気軽にどうぞ】
 

 >トップページに戻る
 
 
    伊勢原温泉 ニュー天野屋 訪問
2011/5  
                 登録
2011/5/27