月岡温泉 共同浴場美人の泉 月岡温泉 共同浴場美人の泉
泉質
 含硫黄−
  ナトリウム
   −塩化物温泉
住所
 新潟県新発田市
 月岡403番地8
 美人になれる湯として宣伝されている月岡温泉は、大正5年、石油開発を目的とした掘削中に温泉が湧出したのがその始まり。当初は小さな湯小屋が一軒あるのみでしたが、温泉の効能が評判になるにつれ湯治客が年々増加、現在では大きな温泉街が形成されています。
 
 この月岡温泉の共同浴場が美人の泉です。温泉街のややはずれにありますが、月岡郵便局の隣にあるので目印にすれば見つけやすいと思います。
 
 
 浴室に入ると、何よりも先に湯船に湛えられた黄緑色のお湯が目に飛び込んできます。そういえば、玄関に「着色等はしておりません」と掲示してあったのを思い出します。確かにバスクリンでも入れたかのような鮮やかな色。こんな綺麗なお湯が自然に存在しているなんて、全く驚かされます。
 
玄関
玄関
エメラルドグリーンのお湯
エメラルドグリーンのお湯
 お湯はハッキリとわかる硫黄臭をもっており、やわらかで優しい湯感。
 
 湯口は2箇所あり、それぞれ熱い湯とぬる目の湯が注がれています。洗い場へのあふれ湯は無く、どうやら源泉を加えながらの半循環のようです。掲示によると100%源泉を毎日総入れ替えしているとのこと。
 
 
 黄緑色のお湯は本当に綺麗で、浴室に湯船一つと派手さはありませんが、珍しい名湯を気軽に味わえるいい温泉でした。
 
源泉名 月岡5号井
(新潟県北蒲原郡豊浦町大字月岡291−1)
分析日 平成15年5月15日
泉質 含硫黄−ナトリウム−塩化物温泉
(弱アルカリ性・低張性・高温泉)
泉温 50.7℃ 水素イオン濃度 pH 7.5
蒸発残留物 3387mg/kg 湧出量 440L/min (動力揚湯)
陽イオン Li+
Na+
K+
NH4+
Mg2+
Ca2+
Sr2+
Ba2+
Al3+
Mn2+
Fe2+
Cu2+
Zn2+
1.0mg
1094mg
26.7mg
1.5mg
29.0mg
52.8mg
2.3mg
0.0mg
0.0mg
0.0mg
0.0mg
0.0mg
0.0mg
陰イオン F-
Cl-
Br-
I-
NO2-
NO3-
HS-
S2O32-
SO42-
HPO42-
HCO3-
CO32-
2.4mg
1320mg
5.1mg
0.6mg
0.0mg
1.2mg
20.7mg
0.8mg
485.0mg
0.0mg
456.0mg
10.0mg
非解離成分 H2SiO3
HBO2
42.3mg
13.5mg
溶存ガス成分 CO2
H2S
24.2mg
11.4mg
備考 リンスインシャンプー、ボディーソープ有り。
貴重品ロッカー有り

 >温泉一覧に戻る
 
 
      月岡温泉共同浴場美人の湯 訪問 2005/4
                   登録 2007/12/29